YOKONE3|進化したヨコネ3の評判…良い口コミ悪い口コミ!

YOKONE3(ヨコネ3)の評判を口コミから検証

こんにちは、最新の “ヘルスケア情報” をお伝えする、「Hear's LIFE」の木村です。

今回は横向き寝に最も適した枕のYOKONE(ヨコネ)が、さらに進化を遂げましたので、良い口コミや悪い口コミからその評判を検証してみたいと思います。

また、とってもお得なキャンペーン情報もご紹介しますので、YOKONE3(ヨコネ3)で損しないためにも、どうぞ最後までお付き合いください。

横向き寝について

■YOKONE3(ヨコネ3)を利用した横向き寝するメリット

皆さんは横向き寝派ですか?

それとも仰向け寝派ですか?

仰向け派と答えた方、寝覚めはどうですか?

前日の疲れが残っていたり、長時間寝てもよく寝た気がしないなんてことはありませんか?

意外と思われる方も多いと思いますが、実は、横向きに寝た方が質の良い眠りを得られると言われているんです。

横向き寝の良い点は、仰向け寝とって気道が塞がらず、呼吸がしやすいということにあります。

仰向けに寝ると、気道が狭くなることでイビキをかきやすくなります。

もちろん眠っている本人に実感はありませんが、実際は風船にストローを差し込んで呼吸をし続けることと同じ状態なのです。

これだと、しっかりと疲れが取れるはずはありませんね。

また、仰向け寝は首や腰に負担が掛かる寝かたなんです。

それをYOKONE3(ヨコネ3)を使って横向き寝にすると、重心が整い、肩や首、腰に掛かる負担を軽減できるのです。

眠っている最中に呼吸が止まってしまう「睡眠時無呼吸症候群」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは、仰向けに寝ることで起こりやすくなっています。

睡眠時に呼吸が止まるのですから、体が休まるはずがありません。

さらに、この睡眠時無呼吸症候群は、呼吸停止とイビキを繰り返すので、寝苦しい本人ばかりではなく、隣の人の眠りも妨げてしまいます。

睡眠は、健康的な生活を送るために欠かせないものです。

質の良い睡眠が取れなかったり、睡眠時間が少なかったりすると、その日溜まった疲れがリセットされないばかりではなく、内臓の不調や肌荒れ、精神の不安定にもつながります。

小さい頃の癖や、肩幅と高さが合っていないなどの理由から仰向けにしか寝られないという人もいますが、質の良い睡眠とスッキリした目覚めのためには、YOKONE3(ヨコネ3)を利用した横向き寝は非常に睡眠態勢なんですよ。


■YOKONE3(ヨコネ3)を利用した横向き寝のデメリット

仰向け寝によるデメリットについてお伝えしてきましたが、実は、横向き寝にもデメリットはあります。

毎日横向きに寝ていると、骨盤に歪みが生じ、片側が圧迫されることで血流が滞ると言われています。

しかし、骨盤の歪みは横向きに寝ることによって、左右どちらかに重心が掛かることによって起こります。

ですので、スムーズに寝返りさえ打てれば、左右交互に重心が掛かるため、それほど影響はないと考えられています。

高さが合わず、寝返りが打ちにくい枕を使っていては、骨盤の歪みにもつながりますが、今回ご紹介させていただく横向き枕のYOKONE3(ヨコネ3)は、面積が大きく頭が沈みこまないので、難なく寝返りが打てるようになっています。

また、座った時の足組みや歩く癖などでも歪みは生じますので、横向き寝がすべての原因になるわけではないのです。

骨盤の歪みを防ぐためには、他にも「横座り(いわゆる女座り)をしない」「同じ方の肩にバッグを持たずに左右交互にする」など、注意が必要です。

つまり、骨盤の歪みは横向き寝のデメリットではありますが、それほど気にすることはなく、それ以外のデメリットはほぼないと考えられています。

但し、左を下にした横向き寝は、肺気腫の方、胃腸に疾患のある方、胆石の方にはお勧めできません。

体に掛かる負担を軽減し、イビキをかきにくくすることで睡眠時無呼吸症候群を防ぐなど、メリットが多数ある横向き寝です。

ぐっすりと眠れて翌朝に疲れを残さないようにするためには、仰向け寝よりYOKONE3(ヨコネ3)を利用した横向き寝のほうが適しているということになります。


■正しい横向き寝の方法


体に負担が掛からず、楽に寝ることができる「正しい横向き寝」というのがあります。

この正しい横向き寝をYOKONE3(ヨコネ3)で実践すると、まず昔から言われていますが、胃の出口を下向きにすると消化が良くなります。

つまり、右側を下にして寝ることになります。

寝ている間は胃腸の働きも鈍くなりますから、なるべく負担を掛けないようにすることが大切です。

右側を下にしたら、軽く足を曲げることでS字の形になります。

この姿勢が、最も楽な睡眠の姿勢と言われています。

さらに、顔を少しうつむき気味にすることで呼吸が楽になります。

下の手はYOKONE3(ヨコネ3)の支え部分に置き、上の手は少し下へ下げます。

上の足を少し前に出すと血管を圧迫せず、血液の流れがスムーズになります。

横向きに寝たときに、重心が真っ直ぐか曲がっているかを見極めることも大切です。

そばに誰かがいれば、後ろから見たときに背骨と首が真っ直ぐになっているかどうかを確認してもらいましょう。

誰もいないときは、頭が浮き上がっている感じがしたり、呼吸がしづらくなっていないかを確認します。

重心が曲がっていると、首や腰のコリの原因になることがあり、無論、睡眠の質は悪くなります。

寝やすいか寝づらいかをいまひとつ把握できないときは、寝返りを打ってみてください。

力を入れなくてもスムーズに寝返りが打てれば、頭や首がしっかり安定しているということになります。

高さを調節しようとバスタオルを乗せる方がいますが、寝返りを打つたびにずれてしまい、朝起きたら枕の上からなくなっていたということもあります。

この場合は、バスタオルがずれないように固定するなどの工夫が必要になります。


横向き寝に一番お勧めできる横向き枕がYOKONE3(ヨコネ3)


YOKONE3(ヨコネ3)はその名の通り、横向き寝のために作られた横向き枕です。

頭、首、肩、腕に掛かる負担を軽減するため、人間工学に基づいて開発されました。

YOKONE3(ヨコネ3)を使うと横向き寝が楽になるというだけではなく、スムーズに寝返りがうてるよう、こんなにも大きいサイズに設計されているんです。


寝返りは、一晩で約20~30回くらい行われています。

こんなに動き回るなんて、熟睡できていないのでは?……と感じる方もいるかもしれませんが、実は、質の良い睡眠には寝返りは必要不可欠なものなんです。

寝返りをしなければ、同じ場所に重心が掛かるため、圧迫されて血行が悪くなります。

それを防ぐため、体の向きを変える必要があるのです。

また、寝返りを打つことで、布団にこもった熱を逃すことができます。

湿気、温度調節の役割も果たしているのです。

だったら、YOKONE3(ヨコネ3)ではなく他メーカーの横向き枕を使用しての横向き寝でいいのではといった声が聞こえてくるかもしれませんが、ただ横向きに寝れば良いというわけではないのです。

一般的な枕で横向きで寝たら、このように首から顔にかけて反っているのがお判りいただけると思います。


【一般的な枕での寝姿勢】


一方YOKONE3(ヨコネ3)の場合は、このように首から顔まで一直線になった状態で寝ることができるのです。


【YOKONE3(ヨコネ3)での寝姿勢】


また、しっかりしたホールド感がなければ、仰向け寝と同じように首や腰に負担が掛かってしまいます。

特に、沈み込むタイプの横向き枕は安定感に欠けるため、寝返りがしづらくなってしまいます。

YOKONE3(ヨコネ3)は抜群の安定感と程よいホールド感があり、スムーズに寝返りを打つことができるようになっています。

実際に使用された方の口コミでは「就寝してから目覚めるまでが一瞬のように感じるほど熟睡できた」といったものや「ヨコネを使ってからひどい肩こりが嘘のようになくなり、疲労感を感じなくなった」といったものがあり、その評判はかなり高いものとなっているのです。

さらに進化したYOKONE3(ヨコネ3)!

旧型のYOKONE2(ヨコネ2)が改良されたYOKONE3(ヨコネ3)は更なる進化を遂げています。

やっぱり枕の重要な要素といえば高さ。

では12cmから9cmまで高さをカスタマイズすることができるようになりましたよ。


下半分は旧型と同じ形状ですが、上半分は羽のような形状になっており、寝転がりながら読書が楽しめるようにもなりました。


凹み部分に手を置いて寝ることもできるようになっています。


また、YOKONE3(ヨコネ3)は厚みの違う二枚の板が内蔵されており、体格や好みに応じて高さを変更できるようなっています。

さらに、カバーに冷感素材が使われており、睡眠に最適な「頭寒足熱」を実感できるようになりました。

頭部が火照った状態では、寝付くことができませんね。

YOKONE3(ヨコネ3)では、枕カバーに冷感素材を使うことで、スムーズな入眠をサポートします。

この枕カバーは洗濯機で丸洗いが可能なので、いつも清潔に保つことができます。

旧YOKONE(ヨコネ)からの大幅改良でグレードもアップしたので、お値段は少し高くなっていますが、それはユーザー目線に立っての快適な睡眠と健康を追求した賜物でしょう。

しかし新型のYOKONE3(ヨコネ3)だったら、お値段以上の使用感が実感できるはずです。

実際このクオリティーのオーダーメイド枕なんかだと、倍以上の数万円から十万円以上もしますし、実際に口コミなんかでも、オーダーメイドの横向き枕のようだといった評価につながっています。

YOKONE3(ヨコネ3)の評判を良い口コミから検証!

ではここで、実際にYOKONE(ヨコネ)を使用された方の口コミから、良い評判を検証してみたいと思います。


「長年肩や首のコリに悩まされ、低反発や高反発、そばなどの他オーダーメイドの横向き枕も試してみましたが、なかなかしっくり来ませんでした。
そんな中横向き寝に寝るための枕を見つけ、半信半疑ながらも注文しました。
すると、寝返りのたびに目覚めることが少なくなり、疲れがなくなりました。
今までで一番の枕です。」


⇒こういったオーダーメイドを超えたという口コミが数多く見られました。

実際、YOKONE3(ヨコネ3)が良いという評判は聞いていても、数々の横向き枕が合わなかっただけに、不安に感じる方も多いようです。


「主人のために購入したのですが、中学生の娘が使ってみたところ、一瞬で寝入りました。
私も使ってみたところ、ガチガチに凝っていた肩や首周りの力が抜け、いつの間にか寝てしまいました。
いつもの朝の疲労感もなく、とても良かったです。
その後家族と取り合いになったため、家族分を買い揃えました。」


⇒いつの間にか寝てしまい、疲労感なく目覚められる!……これこそ理想の睡眠と言えますね。

YOKONE3(ヨコネ3)には、同様の口コミが多数寄せられていました。


「嫁がいびき対策の為に欲しいと言うので購入しました。
価格的には高いと思いますが今のところいびきは収まっているので効果はあると思います」


⇒男性だけではなく、女性もいびきに悩まされています。

疲れているからいびきをかくのではなく、いびきをかくから疲れるのです。

いびきがなくなった、軽減したという口コミは大変多く、商品レビューだけではなく、新聞や雑誌、テレビでも取り上げられてます。

がYOKONE3(ヨコネ3)の評判を悪い口コミから検証!

もちろん、YOKONE3(ヨコネ3)には良い口コミだけではなく、悪い口コミもありました。


「ここ数年横寝が多くなり、枕が合わなくて首の痛みに苦しんでいて、この横向き枕を試しに購入しました。
カタログでは枕の上下が分からず、逆に使っていたためか首筋を更に痛め、1ヶ月位使用してから、逆に使うとやや痛みが解消されるようになりました。
しかし、私には材質の反発が少し強く感じます。」


「まだ使い始めて一日しか経っていませんが、とても横寝しやすいですね。
硬さは思ったほど硬くはなかったですね、もう少し硬めでもイイくらいです。
ただ、同じ体勢でずっと寝るわけではないので、仰向けで寝るときは枕が上にズレそうな感じがします。」


⇒YOKONE3(ヨコネ3)は横向きに寝るために作られた横向き枕ですので、仰向けに寝ると違和感を感じることがあるかもしれません。

また、枕は人によって好みはそれぞれですから、硬い方が良いという方もいれば、柔らかい方が寝やすいという方もいますし、中身の素材についても好みは千差万別です。

ですから、良い口コミもあれば悪い口コミがあるのも当然でしょう。

しかし、そんな声にこそ改良のヒントが隠されていたのでしょう。

数々のこれらの口コミを元に改良されたのがYOKONE3(ヨコネ3)になります。

内蔵された板を調節することで高さを三段階に変えることができ、硬さも「硬め」「柔らかめ」から選ぶことができるようになりました。

程よい重量感と、安定感も増し、ますます使いやすくなりましたね。

良い評判だけで満足するのではなく、悪い評判こそ貴重な意見として改良に役立ててこそが、優良メーカのあるべき姿だと感じました。

まとめ

起きた時の不快感や体の痛み、疲労感、不眠など、睡眠の悩みを抱える日本人は5人に1人と言われています。

実に多くの方が、睡眠に満足を得られていないということになります。

自覚がある方に限らず、普段から何となく体の調子が悪かったり、疲れが溜まりやすかったり、些細なことでイライラしやすい方は、もしかしたら質の良い睡眠が取れていないかもしれません。

体の疲れを取り去ることはもちろんのこと、心の安定のためにも心地よい睡眠は不可欠です。

YOKONE3(ヨコネ3)を使用した横向き寝は安眠が得られるだけではなく、脳にも良いという研究結果が出ています。

ニューヨーク州ストニーブルック校の研究により「脳のゴミ」と言われているアミロイドβが、横向きに寝ることによってより多く除去されることが明らかにされたのです。

アミロイドβは、アルツハイマーを引き起こすタンパク質として知られています。

通常、アミロイドβは脳に蓄積されていきますが、睡眠によって分解され、体外へ排出されていきます。

この排出量がもっとも多かった寝姿勢が、横向きだったというわけです。

YOKONE3(ヨコネ3)は、睡眠時無呼吸症候群や肩、首、腰のコリなどに悩まされ、安眠を得られない方の力になるために改良された横向き寝用の枕です。

横向き寝がしづらい体勢から開放されることで仰向け寝が防止でき、質の良い睡眠を得ることができます。

医師や大学と連携しながら試行錯誤を繰り返し、5年かけて開発されたYOKONE3(ヨコネ3)は、睡眠に悩むすべての方たちにお勧めできる横向き枕です。

これまでにない心地良さ、眠りの深さ、朝の爽快感をぜひ実感してみて下さい。

それからご購入はコチラのキャンペーンサイトの利用をお勧めしますよ!

その理由は、「送料・代引手数料が無料」に加え、専用ギフトバッグのプレゼントや、メルマガ登録で1000円オフになるからです。

どうぞキャンペーンサイトを利用して、お得にご購入下さいね♪

YOKONE3(ヨコネ3)のキャンペーンサイトはコチラへ



■LINK■